地元オーストラリアはもちろん、ヨーロッパや北米にも多くの実績があるSED Shell Equipment社のグレーダー(サイズ分別機)。陸上作業を自動化します。シングルシード養殖法において、バスケットシステムとの相乗効果で、作業効率を著しく向上します。この度、SEAPAジャパンが設立され、日本における総販売代理を担うことになりました。 図面を作成し、お見積りいたしますので、お問い合わせください。
ヴィジョングレーダー

13人分の手作業を、しかも精密に自動化します。

- 洗浄し、高速で一列に並べ、サイズを測定、分別し、数え、バスケットまたは袋に。
- 処理能力:30mm-150mmの殻つきカキを1時間に1200個~2,000個を処理。
- 99%の正確さで計数。スピード、サイズ・重量、各袋に詰める数量を設定。分別基準、処理数量、識別番号などを記録。
- 空気噴射で牡蠣を優しく分別。
- 丈夫なつくり。メンテ極めて簡単。
- 出荷用のタグの印刷や、レポートを抽出。
- 米国、フランス、アイルランド、メキシコなど海外でも設置実績。
水中グレーダー

- 水中で自動分別することで、とくに稚貝が受けるダメージを軽減するよう設計されている。
- 死亡率を著しく改善。
- 長さ3mm~50mmのマガキの処理が可能バレルは、シングル、ツインが可能。
- オーストラリアでは、ビジョン分別機を主要に使っている大規模生産者が、補助的に使用