SEAPAバスケットシステム

SEAPAバスケットシステム

SEAPAバスケットシステムは、牡蠣の養殖において、1) 商品の品質を向上させ、2) 作業効率を高めます。

バスケット(養殖かご)は、牡蠣を転がしながらつくる道具で、オーストラリアで開発されたシングルシード養殖法の中核技術です。バスケットがスイングし、プラスチックの固い内面に回転を促されると、牡蠣は:

  • 深いカップの理想的な殻形をつくります
  • 実入りがよくなります
  • 付着物のないクリーンで本来の美しい殻面を保ちます

バスケットは、脱着が容易で、コンパクトにモジュール化することで:

  • 選別機などと組み合わせ、量産体制を整えたときに、作業効率を著しく向上させます
  • 創意工夫で「つくりたい牡蠣をつくる」ことを容易にします

なぜ SEAPA なのか

  • RUMBLE / 牡蠣の回転を促すことに最適な形状(楕円形)をしています。

  • コンポーネントの種類が豊富で、各漁場に適した組み合わせを、生産者の方々と話し合いながら提案します。多様な環境すべてに、ひとつの方法が適しているはずがありません。SEAPAが日本法人を設立したのは、生産者の方々と共同で最適な方法を見つけるためで、迅速な商品開発・改良を可能にします。
  • SEAPA ストームブレーカー・クリップは、台風の多い日本にこそ最も適していると言えるでしょう。ベアリングにより、ランブリングの動きを促しながら、大切な牡蠣を失うリスクを最小限にします。

Are you ready for シングルシード?

それでは SEAPA バスケットシステムを見てみましょう。

SEAPA 15L バスケットシステム

SEAPA 25L バスケットシステム

アクセサリー

さあ、始めよう!