満天☆青空レストラン、長崎県-諫早湾漁業のカキ
2021年2月6日
Show all

シングルシード牡蠣ネットワーク 2021

申し込み締め切り迫る!

今だからこそ、カキ養殖を進化させよう

こんな厳しいときこそ、養殖方法の進化を加速させたいという意志と実行力を持つ生産者は、決して少なくありません。昨年、開催をあきらめたこのイベントを復活させ、経験、知見、想いを共有いただく場を提供します。今回はオンラインで!

品質と生産効率を著しく向上させるシングルシード養殖。この2-3年で取り組む生産者は大幅に増え、数百万個の生産を目指す産地が現れたり、海外で日本のシングルシード・オイスターを求める市場が形成されはじめたり、普及にいっそう拍車がかかっています。多様なプレゼンターを迎え、有益な情報を発信します。

今年のポイント!


5人のプレゼンターを迎え、オンラインでライブ配信!


今回は参加者の安全を優先させるため、インターネット経由でお届けします。遠隔でも、情報の質や臨場感を落とすことなく、産地の動画など視覚的な情報を充実させ、5人プレゼンターとの質疑応答など双方向のコミュニケーションを。

イベント前に、オンライン・グループ交流会



Zoomを使用したオンライン・グループ交流会を15回以上開きます。各参加者は登録日から開催日まで、最大3回までご参加いただけます。各回は少人数 で非公開。お気軽に交流の輪を広げてください。


** 6月14日以降にお申込みの方は、残念ながらオンライン交流会へ参加いただけません。

 

日時

2021年6月22日火曜日

13:00 - 16:30

イベント形式

オンライン講演会

5人のプレゼンター(下記参照)をお迎えし、知見、体験、想いを共有いただきます。参加者は、ご自身のパソコン、スマートフォン、タブレットなどインターネットに対応した通信機器を使い、ライブ配信を視聴いただきます。

*ご登録いただいた参加者のみ視聴できるシステムを使用し、一般には録画も含め公開されません。
*アクセスするためのインストラクションは提供しますが、開催前、開催中に個別の技術的な問題、質問には対応できないことがあります。もし、開催中に技術的な問題が発信側に発生したときでも、2.5時間以上の配信ができていれば、参加費またはその一部を参加者にお返しするができないことをご了承ください。

オンライン交流会

オンライン講演会に先立って、5月18日から6月18日までに、Zoom(無料)を使用したオンライン・グループ交流会を15回以上開きます。(毎週火曜日と土曜日) 各参加者は登録日から開催まで、最大3回までお招きいたします。各回は少人数(5-10人) で非公開ですので、気軽に交流の輪を広げてください。

曜日、時間帯、お会いになられたい方々、話し合いたいテーマなど、ご希望をできるだけ反映するよう試みます。

** 6月14日以降にお申込みの方は、残念ながらオンライン交流会へ参加いただけません。

* 参加いただく回数をお約束するものではありません。曜日、時間帯、そのほかのご要望に沿えないことがございます。また、お申込み日から開催日までの日数により、お招きできる回数が少なくなることがありますので、予めご了承ください。

主催

株式会社 SEAPAジャパン

協賛


応援

一般社団法人 牡蠣の会
かきフォーラム

(応援いただけるカキに関わるグループを募集中)

対象

全国のカキ生産者、産官学の関係者(漁連、漁協、公的機関、大学、研究機関、飲食業、小売業、卸業を含む)で、シングルシード養殖に取り組む、または感心を持つ方々

参加方法

締め切りは 6月20日(日曜日)!

参加費: 2,200円 (税込み)

このページの下部にある「参加申し込みフォーム」からお申込みください。


主催者から、承認、お支払い方法などについて、2営業日以内にEメイルにてご連絡いたします。以降、ライブ配信へのアクセス方法、オンライン交流会へのご招待など諸事項について、Eメイルにてご連絡します。

プレゼンター



宮田勉氏  国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター (JIRCAS) 水産領域長
「シングルシード牡蠣の規格化と差別化によるマーケティング ~ローカル・スタンダードによる差別化戦略~」
津田侑典氏 津田宇水産株式会社 (兵庫県・室津) 専務取締役
シングルシード養殖による生産量日本一に躍り出た室津。津田宇水産が試行錯誤を重ねて生産方法を確立した後、若い生産者たちを多く巻き込み、地域の取り組みに高めていった。海外への輸出、冷凍ハーフシェル、三倍体、地域大型レストランの経営など、ダイナミックに発展する室津についてお話しいただく。
片倉敏彦氏 有限会社 片倉商店 (宮城県・女川) 専務取締役
ウニとナマコで有名な片倉商店は、震災後の女川町復興のためカキ養殖に着手。人口種苗生産を確立、フラプシーによる中間育成、バスケットによる収穫までの育成、陸上の分別作業の自動化により、生産能力を押し上げた。ブランド「女川オイスターファーム」を立ち上げた背景や想いをお聞きする。
兼田敏信氏 マルコ水産有限会社 (広島県・田島) 代表取締役
良質なノリの生産者として知られるマルコ水産は、カキ養殖をもうひとつの柱に育てようとしている。三倍体のバスケット養殖に加え、オーストラリア式の干潟ロングラインを組み込み、生産体制の拡充を急ぐ。新規カキ養殖業者として、手ごたえや展望についてお話いただく。
Erik Schlagenhauf  元Hog Island Oyster (米国)生産担当取締役 現SEAPA USA西海岸担当 (オンライン参加)
日本でもファンの多いHog Island Oysterは、マガキ、バージニカ、KUMAMOTOなど5品種を養殖、米国を代表する生産者のひとつ。14年間、現場で活躍し生産担当取締役になったErikが、実務的な経験を共有するほか、独自路線で成功した同社のビジネスについて解説する。

(講演者、題目・内容を変更することがあります。)
 

参加申し込みフォーム


    SEAPA Presents シングルシード牡蠣ネットワーク2021 への参加を申し込みます。




    以下にご同意いただける場合は、各ボックスをチェックしてください。
    (全てご同意いただける方に限りお申し込みをお受けします。)

    画像、動画の取り扱いについて

    - 報道関係者、主催者、参加者が、オンライン講演会および交流会の様子を停止画像(スクリーンショットを含む)として撮影、それらを記事、広報、SNSなどを通じ、公開することを許可します。
    - 参加者が、オンライン講演会および交流会の様子を、動画として撮影(録画)、または録音したものを第三者と共有したり、公開することを禁じます。
    - 主催者は、オンライン講演会のみ録画し、イベント開催後、一部を報道関係者と共有、広報に利用する選択肢を有します。

    個人情報の取り扱いについて

    - 個人情報の利用目的: 皆様にご提供いただきました個人情報は、当セミナーの申し込み管理、製品・サービス及びイベント・セミナー等のご案内、皆様への回答、カタログ等の各種資料のご提供、ご送付のために使用させていただきます。
    - 個人情報の第三者提供: 皆様にご記入いただきました個人情報は、第三者への開示、提供はいたしません。但し、ご本人の同意がある場合、もしくは法第23条第1項に該当する場合は、この限りではありません。
    - 個人情報の安全管理措置: 取得した個人情報は、当社で安全管理のために必要かつ適切な措置を講じ、責任をもって管理します。

    お問い合わせは、主催者のSEAPAジャパンまで

    過去の「シングルシード牡蠣ネットワーク」